賃借アパートに住む身内が亡くなったから残置物(遺品)を整理・処分しないと!契約終了までに必要な6つのステップ

賃借アパートに住む身内が 残置物撤去
残置物撤去

賃貸で一人暮らししていた両親が亡くなり、借りていた部屋に残っているモノを全部片付けないといけない…

どうしたらいいのだろう?

となった時に知っておくと、トラブルなく残置物(遺品)を整理、処分できる方法をここに書いておきます。

故人の所有物は思い入れのある品が多くなったり、相続に関わるモノがあったりで、なかなか手をつけ辛いというのが正直なところでしょう。

逆に、「親の私物の処分費用を、なんで私が払わないといけないのか?」という方がいるのも現実です。

いずれにせよ、賃貸である以上、私物はすべて片付けないといけません。

そんな時はどうしたらいいのでしょう?

親族間でトラブルになることも…

残置物は、親族に相続されることになったり、または連帯保証人が責任を追うことになったりします。

ですので、残された遺品は相続として取り決められたとおり、片付ける必要があり、好き勝手に処分できない、というのがほとんどです。

ちなみに賃借権も相続されるので、放って置くと家賃を払い続けなければいけません。

連帯保証人にも迷惑がかかります。

詳しくは以下の記事で紹介しています↓

他人の残置物撤去の費用を自分が負担!?民法改正によるトラブルを回避するために...
...

電気や水道が解約されて、冷蔵庫の中のモノが腐って虫が湧いたり、掃除をしようにも水が出ないのでできないなんてことにもなります。

だからトラブルにならない方法で片付けないといけません。

 

相続した状況をしっかり把握してから

故人が亡くなるとすぐに相続がされ、賃貸契約も相続されます。

ですので、その相続に従って残置物を処分する必要があります。

他人に相続されたモノを勝手に処分してしまったり、相続されたことを知らずに放置してしまい、あとで大金を払うことになっても大変です。

「未払い家賃」や「原状回復義務」のような負債的な部分も相続することになるからです。

ですので、まずは大家さんや管理会社に連絡をして、物件をどのような状態に戻すのか確認することが一歩目です。

詳しくは、こちらの記事が参考になります↓

残置物のトラブル回避!引っ越し・退去時にスムーズに不用品を片付ける5つのステップ
...

 

「遺品整理から引っ越しまで」を一括でやってくれる業者を選ぶ

片付けようにも、なにから手をつけていいのかわからない、どんな業者にお願いしたらいいかわからない。金額だっていくらかかるか検討がつかない。

というのが一般的なお客様です。

さらに身内が亡くなった後は、本当に忙しいですよね。

できるだけ手短に、しかも料金をおさえて片付けたいというのが、普通の感覚だと思います。

そのためには、必要なサービスを一括して請け負ってくれる業者を見つけることからはじまります。

例えば、以下の7つをすべて(もしくは必要なサービスのみ)
  • 遺品整理(孤独死の場合は必須)
  • 特殊清掃(孤独死の場合は必須)
  • 不用品回収
  • 高価買取
  • 残置物撤去
  • 引っ越し
  • ゴミ屋敷清掃(ゴミ屋敷になっている場合)
をできる業者が必要になります。

2〜3社に分担してしまうと、余計な手間と時間、そして人件費もかかるので、料金が高くなるのが一般的です。

それぞれ、細かく説明していきます。

遺品整理

遺品は貴重品から思い出の品、そして不用品になるモノと分けて、要らないものは処分することができますが、できるだけ家族でやりたいという方も多くいます。

逆にトラブルの種になるから第三者にやってほしいという方々もいます。

いずれにせよ、隠れた貴重品や遺品は数多くあり、遺品整理をおこなっている業者は、普通の人なら捨ててしまいそうな貴重品や思い出の品を見つけることも含めて仕事です。

また、もし故人が孤独死で発見までに時間がかかってしまった場合は、部屋の中はものすごい悪臭に包まれているので、一般の方だと遺品整理が困難な場合があります。

そうした場合は、確実に業者に依頼したほうが、スムーズに遺品整理することができるでしょう。

 

特殊清掃

特殊清掃も孤独死の場合は必須です。(遺体が腐敗していなかったり、特に汚れていない場合は不要です。)

先程お話したように孤独死で部屋中に異臭が染み込んでしまっていたり、害虫が湧いてしまっている場合は、特殊清掃を入れない限り、再び住める状態にはもどせません。

賃貸である以上、原状回復義務が発生するため、孤独死になってしまった場合は、特殊清掃を扱っている業者を選んでください。

 

不用品回収・高価買取

遺品の中には要らないモノも多くありますよね。

そうした不用品のなかには、高価買取できるモノや無料で回収できるモノ、そして処分費用が発生するモノの3種類があります。

できるだけ、費用をおさえたいと思っている方であれば、高価買取と無料回収を前提とした残置物処分を考えてもらえると、費用をおさえて残置物を処分することができます。

 

ゴミ屋敷清掃

埼玉県_越谷市_ゴミ屋敷清掃_一軒家_2DK_和室3_作業前

ゴミ屋敷になってしまっている方のみお読みください。

ゴミ屋敷清掃は、経験がない業者にまかせると時間がかかってしまいなかなか終わりません。

遺品整理は得意だけど、ゴミ屋敷清掃はできない…という業者は普通にいます。

ゴミ屋敷化してしまっている場合は、ゴミ屋敷清掃も取り扱っている業者を選んでください。

 

引っ越し

千葉県_柏市_西原_残置物撤去_一軒家_4LDK_子供部屋2_作業前_リビング

最後に、意外に忘れられがちなのが引っ越しです。

ドクターエコの経験上、賃貸にある冷蔵庫やテレビ、タンスなどの大きな家財を相続人の家まで届ける、ということがよくあります。

もっと正確に言うと、冷蔵庫を引き取った家の古い冷蔵庫は撤去して欲しい、タンスを入れ替えて欲しいテレビは家がほしい、などという要望は多くあるので、引っ越し作業もできる業者を選ぶと、スムーズに残置物の撤去ができるでしょう。

後日に引っ越しするよりも断然スムーズです。

そして、次に重要となるのが相見積りです。

 

総合片付け業者3社から相見積りをとる

  • 遺品整理(孤独死の場合は必須)
  • 不用品回収
  • 高価買取
  • 残置物撤去
  • 引っ越し
  • 特殊清掃(孤独死の場合は必須)
  • ゴミ屋敷清掃(ゴミ屋敷の場合)
上記の7つ(または必要なサービス。特殊清掃、ゴミ屋敷清掃は、不要であれば無視してかまいません。)を網羅している総合片付けサービスを3社を選んで、相見積りを取ってください。

サービスをしっかり網羅している業者であれば、賃貸の解約ができる状態まで一気に進めることができるのでストレスもかかりません。

ただ、見積りをとる時の注意点もあるので、次の4つのことには特に気をつけてください。

 

相見積りを取るときの注意点4つ

業者を3つに絞る前に確認しておいたほうが、安心できるのが次の4つの注意点です。

実績が豊富である

実績が豊富である業者を選んで欲しいのは2つの理由からです。

1つは不法投棄などをしていない業者だからです。

あとでも説明しますが、遺品整理も含めて、残置物撤去、不用品回収には悪徳業者が出てきては消えていきます。

安さを売りにした実績がない業者は、ゴミを処分場にもっていかず、不法投棄をしている可能性があるので本当に気をつけてください。

実績がある会社はスキルやノウハウが蓄積されているからこそ、適正価格できちんと仕事をこなしてくれます。

以下の記事をざっと読んでおくとなおさら安心です。

悪徳業者に要注意!ゴミ屋敷清掃実績3000件のドクターエコがおすすめする優良業者の選び方
...

 

「資格と許可は最低限」とは限らない…

資格や許可を持っているから安心!と思っていたら危険です。

よくある資格や許可として、

  • 古物商
  • 産業廃棄物収集運搬許可
  • 遺品整理士
がありますが、これらの資格を持っていても悪徳業者は存在します。

たとえば故人が亡くなった時によく利用される遺品整理士は、士業のように見えても、2ヶ月間の講座をとれば誰でも取得できる民間の資格です。

公的な資格ではありません。

同様に、産業廃棄物収集運搬許可、古物商も、お金を払ってしっかり書類を提出すれば誰でも取得できるものです。

ですので、「資格を持っているから安心。許可を持っているから安心。」と信じ切るのは危険です。

実際に、古物商や産業廃棄物収集運搬の資格/許可を持っていたとしても、集めたモノを不法投棄している業者があとを絶ちません。

悪徳業者に当たってしまうと最悪の場合、回収された私物を不法投棄され、その責任追及もされることにもなります。

ですので、やはり実績をしっかり積み上げて長期間、営業していることがわかる業者を選びましょう。

 

アルバイトスタッフがいない。

残置物の撤去は不用品にせよ、遺品にせよ、アルバイトスタッフが入っている場合が多くあります。

アルバイトスタッフが絶対に悪いと言うわけではないですが、大切な遺品を触ったり、高価な宝石、高額な現金が出てきたりすることがあるので、絶対的な責任を持っている仕事をしてくれる作業員のみを現場に入れる業者のほうが安心ですよね。

当たり前ですが、ドクターエコは、出てきた品物はすべてお客様にお渡しします。

熟練スタッフは、大切な書類や物品を探すプロでもあるので、普通の人なら捨ててしまうような場所に隠れている現金や宝石を探しだしたり、重要な書類を見つけることにも長けています。

見積りを取る時には、アルバイトスタッフを使っていない業者を選ぶことをオススメします。

 

立ち会いの可/不可

ドクターエコは、お客様のニーズに合わせて立ち会いをしたり、しなかったりできますが、中には立ち会い不可/立ち会い必須のどちらかだったりする業者もあります。

やはり業者は赤の他人ですので、立ち会いがないと嫌だというお客様もいれば、忙しいので立ち会いなしでお願いしたいというお客様もいます。

また孤独死の場合は、悪臭がひどく立ち会いが現実的じゃない場合もあります。

いずれにせよ立ち会いのニーズがマッチしない業者を選んでも意味がないので、見積りを取る前の段階で、立ち会いについて柔軟な対応をしてくれる業者を選ぶといいでしょう。

 

6つのステップを簡単にまとめると、

重要なのは退去して賃貸物件との契約を終了することです。

それまでの流れをまとめて紹介していきます。

  1. 相続の状況を把握する。
  2. 残置物の確認。(オーナー、大家、管理会社へ連絡)
  3. サービスを網羅している業者を見つける。
  4. 3社から相見積りをとる。
  5. 信頼できる1社に選んで片付けてもらう。
  6. 賃貸契約を終了。
この6つのステップで、賃貸をキレイに解約することができます。
悪徳業者に要注意!ゴミ屋敷清掃実績3000件のドクターエコがおすすめする優良業者の選び方
...
悪徳業者に騙されない!残置物撤去・不用品回収の費用相場を5つの指標から見積りする方法
...
いくらかかる?アパート・マンションの残置物を撤去した見積り・作業費用を17の事例から比較
...

無料でドクターエコに相談も…

「もっと安くやる方法ないかな?」

「もっと早く片付けてもらう方法ないかな?」

「立ち会いができないけど、とにかく責任を持って片付けてくれる業者はないだろうか…」

ということが少しでも頭に引っかかっているのであれば、ドクターエコの無料相談をご利用ください。

自分でこの記事を書いておいてなんですが、ドクターエコは1万4000件の片付け実績があるので、必要なサービスは全て網羅しています。

もし、関東圏内の賃貸を遺品整理から引っ越しまで一括してお願いしたいと言う場合は、即日から対応も可能です。

まずは無料相談からご利用ください。


お問い合わせ

お電話・お問い合わせフォーム・LINEからお気軽にご連絡ください。ご希望の日時に伺い、現地で無料見積りいたします。


2
お見積り

社長の塩飽(しわく)か副社長の鈴木(すずき)が現地の状況を拝見し、無料でお見積りをお出しいたします。他社より1円でも高ければ値下げいたしますので、遠慮なくお申し付けください。また、見積りに納得いただけなかった場合のキャンセル料もかかりません。前払金も一切ないので安心してください。



作業開始

【 ゴミ・必要品の分別 】
ご指定の日時に不用品回収・片付けに参ります。ゴミは自治体のルールに従って細かく分別し、お客様に確認を取りながら仕分けを行っていきます。あらかじめお申し付けいただければ、必要なものは別途保管いたします。

【 搬出作業 】
分別し終えたゴミをトラックに運びます。ご希望があれば、キレイなダンボール箱に入れて、まるで引越し作業をしているように作業をいたします。近隣の方に知られたくない方にオススメです。

【 不用品の買取り 】
他社では買取れないようなモノでも、可能な限り高価買取りいたします。買取り額は作業費用から差し引かれるので、最終的にかかるお客さまの負担を減らすことができます。

【 お部屋の掃除 】
ゴミ・不用品を片付けた後は、しっかりと室内を掃除させていただきます。ゴミに埋もれて見えなかったホコリなども、すべてキレイに掃除いたします。


【 オプション 】※別途費用がかかります。

ハウスクリーニング
ご希望があれば、さらにお部屋をキレイにするためのプロの手法による清掃をいたします。放置されたゴミによってできた頑固なシミ、カビなども根こそぎキレイにいたします。

配送サービス
引っ越しの際に「必要なモノは新居に持っていきたい。」というお客様に人気のサービスです。オプションとして利用することで、引っ越し業者に新たに委託するよりも安く済ますことができるのが魅力です。

開梱・収納サービス
新居に必要なモノを持ってきたはいいけど、「開かずのダンボール」ばかりになり、新居なのにモノで溢れてしまう…という状態から開放されます。ドクターエコにお任せいただければ、引っ越し当日から快適な生活を送ることができます。


4
完了

すべての作業が完了しましたら、お客さまにご確認いただきます。問題が無ければ、その後、ご精算です。頂く料金はお見積り書に記載した金額のみで、追加料金は一切頂きません。


他社より1円でも
高い場合は
ご相談ください。

\気軽に相談したいなら/

\電話が苦手なら/

 

〜 会社概要 〜

運営会社 有限会社 黒﨑商会
事業名 ドクターエコ
代表取締役 塩飽(しわく) 貴哉
事業所 〒143-0027
東京都大田区中馬込3-14-4 セカンドコーポ光和倉庫B-3
事業所 〒273-0862
千葉県船橋市駿河台1-20-32
フリー
ダイヤル
0120-538-489 (24時間365日対応!見積・相談は無料!)
電話番号 03-6410-7199
FAX番号 050-3730-4860
メール
アドレス
お問い合わせフォーム
事業内容
  • 残置物撤去
  • ゴミ屋敷、汚部屋片付け
  • ゴミ・不用品回収
  • お引越し・退去時片付け
  • ハウスクリーニング
  • 高価買取
  • 配送サービス
  • 解体工事(内装解体、一棟解体など)
  • 不動産売却
  • リフォーム
  • 遺品整理/生前整理
  • 特殊清掃
  • 樹木伐採
許認可 遺品整理士認定協会認定 地区統括委員在籍
・古物商許可 東京都公安委員会
第302221705983号
・貨物軽自動車運送業許可
冷媒回収技術者資格
・産業廃棄物収集運搬業許可取得済み
東京都 許可番号  第13-00-203527号
神奈川県 許可番号 第01400203527号
千葉県 許可番号  第01200203527号
埼玉県 許可番号  第01100203527号

・解体工事業者登録番号
東京都知事(登-5)第5301号
千葉県知事(登-5)第2617号
神奈川県知事(登-5)第3076号
埼玉県知事(登-5)第3401号

提携業者
  • 一般廃棄物収集運搬業者
  • 産業廃棄物収集運搬業者
設立 平成2年4月19日

 

安心してください!
安いだけではありません。
日雇いバイトではなく
ベテランスタッフが
丁寧に対応します。

ドクターエコ_スタッフ

ベテランスタッフだけ・・だから安心
「安いとサービスの質が悪いんじゃないの?」と思われる方も多いのですが、ご安心ください。 ドクターエコは、長年勤め続けるベテランスタッフがほとんどで、経験に裏打ちされた高品質なサービスを提供します。

各スタッフにノウハウが蓄積されており、効率的に作業を行うことができるからこそ、お得な価格を実現することができています。